初めての出産と産後のトラブルについて

結婚してから3年、1度けい留流産を経験したこともありましたが、待望の我が子を授かることができました。
予定日の2週間前に突然破水し、陣痛中に胎児の心拍が弱まったこともあって、出産当日に突然帝王切開が決まり、とても慌ただしいお産を経験しましたが、今では元気にすくすくと育ってくれています( ̄∀ ̄)

通常分娩で出産した場合とは異なり、帝王切開で出産した私は、出産して4日目に初めて我が子に授乳することとなりました。
帝王切開後はたくさん点滴をしたので、胸は日に日にパンパンになるのですが、搾乳してもおっぱいは少しずつしか出なかったので、何だか変な気持ちでした。

我が子とようやく長い時間接していられる・・・!と期待した初めての授乳でしたが、これも予想以上に大変ですごく辛かったです(>_<)
赤ちゃんはおっぱいに吸い付くのがまだ全然上手じゃないし、私のおっぱいは固いしで、初めての授乳はまともに出来ませんでした・・・。
その後も看護師さんに体をギュウギュウ押されながら授乳を頑張りましたが、ミルクを飲んだ目安となる体重増加はほんのちょっぴり。
30分近く頑張っても結局はミルクを追加するし、そのミルクはものの数分で飲んでしまうしで、かなりがっかりしましたね^^;

乳房の固さは授乳が始まったことでだいぶ改善されましたが、次に悩まされることになったのは乳首の切れです。
赤ちゃんの吸い付きに耐えきれず、乳頭と乳輪の間が白く切れてしまい、産後1ヶ月近くは乳首に痛みを感じ続けていました(>_<)
1日に何度も授乳しなくてはならないので、そのたびに痛むのはとてもしんどかったです。(´;ω;`)

乳首の切れは地道にコツコツと治していくしかありませんでした。
具体的には、病院からもらった保湿剤の馬油と抗生物質の入った軟膏を授乳のたびに塗ったり、授乳の体勢を毎回変えたりしていました。
それでも痛むときや体の調子が悪い時はミルクをあげて胸をお休みさせていました。
産後すぐは絶対母乳育児を頑張りたい、という気持ちはあったけど、毎回母乳をあげることはとても体が持たなかったです。
それに我が子も毎回おっぱいに吸い付くのは大変だったみたいで、日に1,2回の哺乳瓶からの授乳は落ち着いてしっかり飲めて安心していた様子でした。

産後の1ヶ月、手探りで日々頑張り続けた結果、我が子もおっぱいに吸い付くのが上手になり、乳首への負担も減ったせいか乳首の切れも治って、授乳のたびに痛むことはすっかりなくなりました^^
母乳育児をたくさん勧められて、産前は「当たり前にできる」と思っていたけど、いざ始まるとトラブルの連続で大変でした。
母乳育児は良いこともたくさんありますが、無理をしすぎて辞めてしまうのが一番残念なことだと思います。(>_<)
なので、理想は理想として考えて、無理をせず、自分のペースでやっていくのが良いですよ!
1ヶ月検診では授乳について看護師さんや助産師さんから指導も受けられます。
授乳や胸の悩みはひとりで抱えすぎず、気軽に相談してみてくださいね。

それから産後の骨盤の悩みには、こちらが良いようです。

骨盤矯正 大阪 産後

投稿日: カテゴリー 大阪

御堂筋線の梅田-本町間

私は大阪に住んでいます。

今日は私の朝の通勤事情を話そうと思います。

私が職場に行くために使ってる交通手段は電車です。
阪神電車の千船駅から、大阪市営地下鉄の御堂筋線の梅田駅を南口から乗り込む行き方です。

基本的に梅田は地下街が広く張り巡らされているので、傘が無くても動き回れるのが便利です。

梅田駅の周りには阪急百貨店や阪神百貨店、飲食店や本屋、映画館など充実しており、会社帰りに寄れる場所が多いのでいい場所だと思います。

御堂筋線の梅田駅から2駅乗ったところが、本町駅という場所でそこが私の職場になります。

本町駅はいわゆるビジネス街で、多くのサラリーマンがそこで働いています。

御堂筋線の梅田-本町間の車内ですが、恐ろしいほどの満員電車です。

東京の通勤ラッシュよりはマシかも知れませんが、それまで別の地方で働いていた私にとっては初めて見た時は衝撃の光景でしかありませんでした。

御堂筋線の梅田駅はとても広いホームで反対車線との距離は20~30mほどはあるのですが、朝の通勤ラッシュ時間帯はその反対側を侵食するほど、人の行列が出来ます。

通勤ラッシュのど真ん中に乗り込んでしまうと、人の波で圧縮されて、そのままエビ反りの体勢で固定されたまま本町まで運ばれます。

もはや護送列車だと私は考えています。

最初の頃は、通勤ラッシュ初心者でしたので、人の波に揉まれるまま苦労していたのですが、最近は慣れてきたので、電車によってはある程度空いている電車もあることに気づきました。

基本的に朝の通勤ラッシュは「なかもず行き(終着駅)」と「天王寺行き(途中の駅)」が交互に来る形なのですが、その天王寺行きに乗ることがコツです。

そうすれば大体車両の中央側に行けるか、もしくは運が良ければ座席に座れることが出来ます。

大体はそこで新刊のビジネス書を読んだり、スマホでクラッシュ・オブ・クランというゲームをしたりしながら過ごしています。

職場ではデザイン業務をしています。

私のやっているデザイン業務はDTPと呼ばれる、チラシやポスター、看板広告など、人が手に触れれるような紙媒体や看板広告などのビジュアルデザインをやっています。

この業界は平均的に残業ありきの世界で、毎日の帰宅が夜の9時を超えることもザラにあります。

朝は通勤ラッシュに揉まれますが、夜は帰宅ラッシュがとっくに終わった後に帰るような生活が続いています。

朝の満員電車は嫌いですが、夜の満員電車は好きです。

なぜなら早く帰れてプライベートを充実出来るという恩恵があるからです。

早く幸せな帰宅ラッシュに揉まれるような生活になれるよう、今日もせっせとデザインをして能力を向上させようと頑張っている私の通勤事情でした。

投稿日: カテゴリー 大阪